授乳中でも全身脱毛は可能?

人気プラセンタTOP >> 全身脱毛サロンについてQ&A >> 授乳中でも全身脱毛は可能?

授乳中でも全身脱毛は可能?

妊娠や出産を経験した女性は、妊娠前に比べるとムダ毛が濃くなったりすることがあります。これは体内のホルモンバランスが大きく変化することにより、ムダ毛にも影響が出てしまうのですが、「出産が終わり授乳中でも全身脱毛が可能?」なのかを考えてみた時に、バスト周りなどに関しては脱毛を受けられないサロンがほとんどです。施術をする際の光については特にお肌や体に悪影響を及ぼすものではありませんが、授乳中のバスト周りなどは非常に敏感になっているため、火傷してしまったりすることを防ぐ目的として、施術を行えないと思っておきましょう。万が一施術の後で痛みが出てしまったりすると、授乳に大きな影響を与えてしまいます。

その他の部分に関しては基本的に授乳中でも施術を受けることが可能ですが、出産直後の場合には念のため、お肌を守る目的でデリケート部位への施術を行わない所もあります。出産によってお肌が傷ついていたりすることが考えられるので、出産からある程度時間が経過してからデリケート部位の脱毛行うサロンが多くなっています。授乳中でも全身脱毛を受けることが可能となり、上記したように特定の部位を除けば施術を行ってくれますが、途中で気分が悪くなってしまったり、授乳時間となり、胸の張りが痛くて仕方がなくなってしまった時には、スタッフに伝えて施術を中断してもらうと良いでしょう。

無理に施術を継続してしまうと更に気分が悪くなったりすることがあります。ある程度月齢が進んだお子様であれば、サロンで施術中に預かってくれたりするケースもあるので、お子様を預けられない人でもこのようなサロンであれば、施術を受けることが可能です。中にはうつ伏せになることによって、胸に痛みを感じてしまう人もいるので、このような場合には背中やうなじの脱毛を後回しにして、腕や足、お腹など影響の少ない部分から脱毛を始めるようにしていきましょう。全身脱毛が完了するまでには平均して2年程度が必要になるので、その中でどこから脱毛を行っていくのかはスタッフさんと相談するのが一番です。

授乳中だからと言って全身脱毛を受ける事は不可能ではありません。お肌の状態や健康状態を考えた上で、特定の部位の脱毛を受けられなくても、全身脱毛のコース契約を結ぶことは可能なので、カウンセリングで施術が受けられる部分について詳しく説明してもらうと良いでしょう。通ってすぐは胸やデリケート部位の施術を受けられなくても、他の部分の脱毛がある程度終了し、授乳する間隔が開いてきたなどの場合には十分に全身脱毛を受けることが可能です。



Copyright (C) 2014-2017 全身脱毛口コミランキング【人気の脱毛サロンはココ】 All Rights Reserved.